グアムの魅力


4139260411_ca15c0b9c8_o
Photo:kokoloveguam

日本から3時間半、ミクロネシアの楽園「グアム」。今も昔も、リゾート地として観光客がたくさん訪れています。
レジャー、ショッピング施設が充実していて家族や仲間同士で楽しめるのがグアムの魅力です。

観光拠点のタモンエリアは超大規模なショッピングモールがある他、多くのレストランやお土産屋さんが集まっています。
夜にはアッと驚きのマジックショーが開催されていたり、若い人が楽しめるナイトクラブがあったりと滞在中飽きずに過ごせる魅力的な街です。

ビーチもそれぞれに特徴のある数カ所が用意されています。有料のプライベートビーチである「ココパームガーデンビーチ」は非日常感抜群で最高。きれいな植物と透き通った海を楽しみたい!という方にぜひオススメです。

また、通な楽しみ方としてはパワースポットを目指すトレッキングツアーがあります。「青の洞窟」として知られるパガットケーブには天然の地下水プールが湧いていて神秘的な気分で涼しさを感じることができます。

グアムというと、「日本から近くてお手軽に行けるリゾート」というイメージがあります。まさにその通りなのですが、青の洞窟のような遺跡にまで行く人は少ないようで、かなり穴場スポットです。

洞窟への道中では、グアムのジャングルや太平洋の大海原の景色を見ることができ都市部とはまた違ったグアムの一面を楽しめます。

また、グアムはダイビングの名所としても有名。「ブルーホール」と呼ばれるポイントは、圧倒的な透明度と光の関係で青く包まれます。そして、下から見上げると、なんと岩がハート型にくり抜かれたようになっています。これはなんともロマンチックです。ダイビングが好きでグアムを訪れるという方は是非ブルーホールを訪れてみるのが良いかもしれません。

チビッ子支持率ナンバー1は、なんといってもウォータースライダーのあるプール。カップルや若者グループだけではなく、ファミリーで安心してワイワイ遊べるのもグアムの人気ポイントです。

「さすがグアム」といった大規模なウォータースライダーや熱帯魚といっしょに泳げる珍しいプールなどどこに行こうか迷うってしまうような面白施設が充実しています。毎年のように新しい施設やアクティビティが増えていて、いつ行っても新鮮な楽しみ方ができるのがグアムの魅力。そして、何歳になっても、だれと行っても楽しめるのがこれ以上ないナイスなポイントです。

観光情報をしっかり下調べして
グアムを100パーセント楽しみましょう!

行ってみたいアジアの楽園リゾート | バリ島 ホテル | 日経平均